国際貢献に大切な外国人技能実習生

  • 国際貢献に大切な外国人技能実習生

    • 外国人技能実習生とは主に発展途上国の人たちを日本の企業で雇用し、働きながら技術を習得してもらいます。


      そして帰国後にその技術を利用して母国の経済発展に役立ててもらうという制度です。

      国際貢献の一環として行われています。

      外国人技能実習生の専門サイトのココです。

      外国人技能実習生になるは2つの種類があります。

      一度団体がまとめて受け入れて講習を行い、その後協力している企業へ斡旋するという方法と、企業が現地の支社などを通じて独自に雇用し、講習から就労まですべて行うという方法があります。
      主旨は同じですが、講習内容や滞在資格などに違いが出てきます。

      外国人技能実習生として日本にいられるのは最大で3年間です。



      その後は一度帰国しなければなりません。

      修得した技術を利用して母国の経済発展のために働くことになります。
      国際貢献の観点からはとても重要な活動ですが、日本の企業にとってもメリットがあります。



      日本人よりも安価で雇用することができるので、人件費の削減につながります。

      また帰国後もその人とのパイプを利用して世界進出の足掛かりとすることもできます。しかしメリットばかりではありません。言葉や文化の違いは考えているよりも大きな問題となりますし、最大で3年間しか雇用できないので次々に新しい人に最初から講習を行わなければなりません。


      そうした手間やコストを嫌って受け入れを行わない企業もまだまだ多くあります。


      外国人技能実習生を受け入れる企業には国が支援を行うような仕組みが必要となります。


  • 外国人技術実習生の特徴紹介

    • 外国人技能実習生を、日本の企業に受け入れることから得られるメリットは実にたくさんあります。例えば、それら実習生の働きのおかげで、多くの業務で忙しい企業の負担を軽くすることができます。...

  • 外国人技術実習生の身に付けたい知識

    • 現在、またこれからの日本では、急速な少子化及び高齢化により労働者人口が減少し続けると考えられています。国においてはその労働者不足解消の一つの対策として、外国人技能実習生の受け入れの拡大を考えている状態です。...

  • 外国人技術実習生の基礎知識

    • 現在日本の様々な企業で東南アジアから来た若者が実習生として働いています。これは個人的な留学ではなく、日本が国として制度化している外国人技能実習生制度を利用して来日しています。...

  • 外国人技術実習生の学びたい知識

    • 外国人技能実習生は主に発展途上国から日本に渡ってきて、最大5年間就労をしつつ日本の優れた技術を学んで祖国に活かしていくための制度です。ただ、発展途上国もいつまでもずっと発展途上国ではありません。...

top